« えびとアボカドのアジアン焼きそば | トップページ | 青さのりとホタテのリゾット »

雪の日の鎌倉

 
Dsc_1421 この週末は連日友達の演奏会に行ってました。土曜日は以前入っていたフライハイトという楽団。曲目は私の大好きな作曲家マーラーのシンフォニー7番。あーーーー一緒に弾きたかったーと思いながら聴いてました。もう、6、7年前になるのかなあ。オケ友達とウィーンに行く計画を立てていて、その前々日にアメリカの同時多発テロが起きた。ヨーロッパ線は運行してたので、キャンセルしてもお金は返ってこなかったので、女二人で混乱のなかウィーンへ。そしてムジークフェライン(音友協会、ウィーンフィルの本拠地となる世界的に有名なホール)でバレンボイム指揮のシカゴ響でマーラーの7番を一番前の席で聴いた。通常なら演奏会が終わったあと、長い間拍手が鳴り止まないものだけれど、あのときはテロで亡くなったたくさんの方を偲んで黙祷をした。そういえば、ウィーンの主たるホールの前に黒い垂れ幕がかかっていた。そんなことを思いながらマーラーを聴いた。彼の交響曲の中ではかなりマニアックな曲になる。でもマーラー好きの私にとってはこれでもかってくらい堪能できる曲。最初の二連譜からしてゾクゾクするのです。しつこいけど一緒に弾きたかった、、、、、
Dsc_1375_3

そして日曜日は久々の大雪。でもあいにくの天気に負けず、夫婦朝から江ノ電に乗って鎌倉へ。そしてレンバイへ鎌倉野菜を買いにって思ったのだけど、演奏会に間に合わず。紀ノ国屋でお気に入りの味噌を買って大船へ引き返す。
大船の鎌倉芸術会館でドボルザークの8番と9番「新世界」というシンフォニーの2本立て。
これもまた思い出深い曲でして、8番は私の大学デビューの曲。大学の音響のわるーい講堂でドボ8を弾いたことを思い出す。数年前まではいろんなオケに誘われるがままに行っていた私。特に「マーラーやるよ」とか言われると、10キロ近い楽器を抱えて2時間近くかかる場所まで練習に行っていた。でもその反動か、最近は大編成な曲に魅力をあまり感じず室内楽や小編成を極めたい感じ。でもオケの曲聴くとやっぱいいなって思ったりもしました。

|

« えびとアボカドのアジアン焼きそば | トップページ | 青さのりとホタテのリゾット »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ドボルザーク「新世界」。
オケを演奏しないので、ベートーベンやモーツアルトのように○番で旋律が思い浮かばないのですが、
新世界は私良く聴いてました。
エレクトーンなんだけど、料理と同じで人と同じアレンジよりもありそうでなかったものをいつも捜していたので、クラシックは数年懲りまくり、それをどうしたらエレクトーンのような電子楽器とマッチさせられるか考えていました。ビバルディ「春」などは原曲そのままでアレンジ加えず、「新世界」は結局はメドレーの中に入れてコンクールで弾きました。もう思い出せないのですが、まんまだったり、アップテンポでロック系にしたりのメドレーだったの。「ショッキングクラシック」という題名です。
やさいちゃんの弾く「本物」は私にとっては「憧れ」でした。子供の頃からね。
長いコメでごめんね。
最後、雪の鎌倉。鎌倉には雪は似合うけれど、すごい。買い物はしないかも。私は玄関で滑って、滑ることに敏感なので(笑)ネガティブになり、お家にヒッキーでした!

投稿: みゆき | 2008年2月 4日 (月) 09時12分

演奏会、いいですね。私も小さい頃、母にいろんなオーケストラに連れて行ってもらっていました。
弦楽器の音は素敵ですよね。昔、バイオリンやビオラに憧れていましたが、大人になってからはチェロが好きです!しびれる~~!
特に、ドボルザークの弦楽四重奏「アメリカ」の第2楽章だったかな?のチェロとかかっこよくて好きです。
マーラーの曲はちょっと出てきませんが、そのウィーンでの重々しい経験と重なって、深いものがあるんでしょうね。
私は大した所で演奏したことはなく、ただの中高吹奏楽でしたが、みんなの息がぴったり合った時のゾクゾク感を思い出しました。

投稿: うたこ☆ | 2008年2月 4日 (月) 09時28分

みゆきさん:普通の人は一歩たりとも外出したくない天気でしたよね、、、みゆきさんはエレクトーンもきわめていたのですね!!すごい!私はクラシック音楽と料理の共通点ってどうやっても見つからないけれど、みゆきさんはすごいです!いつもコメントありがとうございます!長いコメントも読むのが楽しみですので大大歓迎です♪

うたこ☆さん:そうなんですよね、合奏のいい所は最初に合わせたときのゾクゾク感なんですよね。大学生の頃は感極まって合宿の最終日や本番のあとみんなで泣いたりしてました。今はあまり泣く事は無いですが,たまに「うるっ」とくることがあります。うたこ☆さんの演奏も今度聴かせてくださいね!(フルートでしたよね??)

投稿: やさいちゃん | 2008年2月 4日 (月) 14時08分

ん?
僕も両方行きましたが、どっちでも会わなかったのはそれはそれで凄い確率ですね(苦笑)。

投稿: わっきー | 2008年2月 6日 (水) 23時26分

わっきーさん:フライハイトで見かけたのはやはりわっきーだったかな?地下鉄で帰った??結構早足だったので、私にはおいつけず、見失いました。。。

投稿: やさいちゃん | 2008年2月 7日 (木) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の日の鎌倉:

« えびとアボカドのアジアン焼きそば | トップページ | 青さのりとホタテのリゾット »