« 塩 | トップページ | 今が旬!神奈川の洋ナシとキャベツ »

演奏会を終えて

連休初日、演奏会の本番でした。
今回の選曲はとっても難易度が高かった、、、ってことが終わってからわかった。
前半がドボルザークの弦楽セレナーデ。
去年チャイコフスキーを弾いて、チェロは技術的にはこちらの方が難しかったけれど、Tuttiに関してはドボルザークの方が難しかったなあ。
メインのベートーベンの8番はシンフォニーとしては短い曲だけれど、なんだか息の詰まる曲だった、、、名曲なんだけどね。。
演奏会は個人的な満足度と、演奏会としての満足度は別のところにあると思う。
個人的な満足度でいえば、リハの方が間違えなかったし、落ち着いてたから今回は反省点が多く△
演奏会全体としたら、悪くはなかったと思うのだけど。

ベートーベンの2楽章あたりで「このままではマズイ」という雰囲気が私のなかでみなぎってきたのがわかったので、それを打破すべく頑張ったのだけど、3楽章のチェロはとっても辛いので、事故こそなかったけれど、そのままのテンションで終楽章へ突入。で、いつも間違っているところで間違えなかった分、最後で集中力が途絶え「ここはどこー」の世界に行きそうになった、、、

Photo 納得いく演奏をするには1に練習、2に集中力だとつくづく思いました。
でもアマチュア演奏の場合って、それだけじゃないパワーが感動を与える場合があるって、この間テレビで有名は日本人チェリストが言ってたなあ。

今回聴きに来てくれた方はどうだったのかなあ。

写真は指揮者にいただいたお花。
チェロトップの特権かしら

お疲れ、私。

|

« 塩 | トップページ | 今が旬!神奈川の洋ナシとキャベツ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

演奏会、お疲れ様でした
一楽章ごとの心の模様が手に取るように伝わって
きます。
花束がシックで秋らしくて素敵です


投稿: みゆき | 2008年10月14日 (火) 22時13分

お疲れさまでした。

三楽章トリオ、四楽章フェルマータ前、何れもブラボーです。両方とも首席にはプレッシャーのかかる場面だったけど、ほぼ練習通りにいけたのではないでしょうか?サスガですね。

僕自身、正直ベト8がまだまだ納得いってませんが、ドヴォルザークの難易度を考えると総合的にはよく仕上がったと思います。

では次、よろしく。

投稿: わっきー | 2008年10月14日 (火) 22時37分

みゆきさん:つかれましたーでも次の日這ってでも果樹園めぐりしてよかったです。いろいろ話せたし、夕方からがくっと疲れがやってきましたが。

わっきーさま:今回の演奏会で一番びっくりしたのは、先生が私に間違ったサイン出したこと(ベートーベンの4楽章でね)もちろん間違えなかったけど、それが内心「やった」って感じでした。だから花くれたのかな?
わっきーさまはあいかわらず、完璧に見えたよ。弦セレの2楽章のテンポがゆるすぎたかな?って思ったけど、なんとかぎりぎりだったね。フランスものは、今回みたいにチラッと演奏するぐらいが私は好きかな。
次もよろしく

投稿: やさいちゃん | 2008年10月15日 (水) 18時24分

おつかれさまでした。コメントいまさらですが・・・。とても楽しかったです。どうもありがとう。わっきーとの会話がレベル高くて、どきどきします
トリオのところは、いつも見つめてました。かっこよかったです。おつかれさま!

投稿: みゆきち | 2008年10月20日 (月) 22時51分

みゆきちさま:あのトリオは皆様お暇ですからね、私は相当見世物になったことでしょう。けど、視線を感じる余裕すらなかったよ。
あれを5人でそろって弾くってことが、アリエナイ、、、

投稿: やさいちゃん | 2008年10月21日 (火) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 演奏会を終えて:

« 塩 | トップページ | 今が旬!神奈川の洋ナシとキャベツ »