« ほくほく肉じゃが(No,66) | トップページ | 甥とデュオ »

本番の満足度

週末、わっきーさん、ミユキチさん、ひのちゃん、私の4人でカルテットを弾いてきました。

ハイドンセット全曲演奏会という企画。

ハイドンセットといっても、モーツァルトの曲です

私たちはK464を演奏しました。

さそわれたものの、他のメンバーのレベルを知らないまま本番を迎えたのはある意味よかった
すっごい上手い人たちばっかりだったから

最終日は場所がなくてカラオケボックスで練習という新鮮なことをしました

今週一週間毎日楽器を触るようにしたけど、ステリハでは自分の音のひどさにテンション下がったー
その後、なかばあきらめモードに入ったけれど、みんなが本番直前までさらっている姿を見て、私もやらねば!と思ってあがきました。そこからいいモードに入ったのか、舞台にあがったとき

今日はいけるぞ

と思った

そして、演奏が始まると

私の音を聴きなさい

と、強気なことを心で唱えるのです

毎回そこまで自分に魔法はかけてみるものの、空回りのこともあるのだけど

今日は上手くいった

終演後もテンション高いまま

「やさいちゃん4楽章速くなかったー?」

と言われたけど、もっと飛ばしたかったのを自制心でおさめたぎりぎり

本番は自制心との戦いでもあるのです

講師活動をしてるときは終わっても反省ばかり。テンションは

このことを先輩に相談すると

自分も満足な講演なんて、数回に一回だよ

全員が一回顔を上げる瞬間をつくることを目標にしよう

などなど、アドバイスや経験談で勇気をもらいました。

最も楽器は趣味であり、自分でお金を払って演奏していているけど

講師は仕事

室内楽は楽しい

と、思いました。

|

« ほくほく肉じゃが(No,66) | トップページ | 甥とデュオ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

演奏会お疲れ様でした~。
私はクラシックは詳しくないけれど、
演奏の喜びはとても良く分かります。
6年間プレイヤーをしていましたが、自分の演奏に酔いしれると、会場に心地の良い空間が生まれてきます
趣味であれ仕事であれ、誰がどう思おうと自分が良しとすることや楽しいと思えること以上の魅力はないと私は思います。それをどう伝えるか・・課題は沢山あるけれど、課題があるからこそ次がある。
やさいちゃんはいつも次に果敢にチャレンジできる人なので、輝き続けていくと思ってます
素顔にメロディー焼き付けて君は今~
みたいな


投稿: みゆき | 2009年1月26日 (月) 22時02分

みゆきさん:輝きながら・・・ですねまさかこのコメントにその歌が入るとは!さすがっ
最近チャレンジ精神旺盛ですが、そのぶんへこむことも多いのですよー
とうぶんこれをくり返すのだろうなあ。。。
いつもうれしいコメントありがとうございます

投稿: やさいちゃん | 2009年1月26日 (月) 22時42分

やさいちゃん、チェロの話をしていると、本当に生き生きしているね
仲間と演奏できる機会があることって、素敵だね!
舞台に上がる前のドキドキ感と、上がった時の緊張、
みんなと息が合った時、よい音が出た時のゾクゾク感。
懐かしく思い出しました。(幼稚園のはちょっと違うよ)
やさいちゃんは、仕事も好きなことを実際にできていてすごいと思う!
講師活動も、同じドキドキ感でできたらいいね。
私もがんばろっと。

投稿: うたこ | 2009年1月26日 (月) 23時48分

うたこさん:本番のゾクゾク感は経験した人にしかわからないものよねー
チェロの話してても、野菜の話してても生き生きしてたいものです

投稿: やさいちゃん | 2009年1月27日 (火) 22時31分

あら!!!!
やさいちゃん、野菜の話をしている時も
生き生きとしているよ
どんどん新しい知識増えているし、すごいと思うわ。
ホント、私も見習いたいわ。

投稿: うたこ | 2009年1月28日 (水) 08時50分

うたこさん:わざわざコメントありがとうございます!よかったでも、楽器と野菜のキャリアがありすぎるから、仕方ないっちゃ仕方ないかな。

投稿: やさいちゃん | 2009年1月28日 (水) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本番の満足度:

« ほくほく肉じゃが(No,66) | トップページ | 甥とデュオ »