カテゴリー「野菜ソムリエ活動」の記事

スープコンテスト審査員

先日、初めてレシピコンテストの審査員という大役をおおせつかりました。

今まで作るばっかりだったので、私が審査なんて。。。と思いましたが、せっかくのチャンスだったので、お引き受けさせていただきました。

横浜都筑区にある「みんなのキッチン」が主催する、横浜野菜を使ったスープコンテストです。

試食の様子です。「職のプロ」として4人審査員が招かれました。

「プロ」だそうです。ドキドキ

Photo_2

 

どれもおいしかったのですが、大賞は意見が一致しました。

集合写真です。

Photo_3

大賞の方には野菜ソムリエ協会より、お野菜セットが送られました。

それを説明している私。久しぶりに大勢の前でしゃべって、カミカミでした(汗)

Photo_4

そして審査員4名で。

左から、菊菜のれすとらん斎藤の斎藤シェフ、私、発行料理研究家の相田百合子さま、元町のフレンチ霧笛楼の料理長、今平茂シェフ

Photo_5

こんな著名な方々に囲まれてしまいました。

貴重な経験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南野菜を紹介しました

本日、産後復帰初となるお仕事をしてきました!

湘南台カルチャーセンターにて
「湘南野菜でおいしい!冬レシピ」
と題しまして、湘南野菜のお話とそれを使ったレシピを試食していただく講座です。

Resize0637

みなさま「湘南野菜」は何となく知っているけど鎌倉野菜とごっちゃになっていたりと、詳しく知ったのは始めてのようでした。


Resize0638

市場から朝届いたお野菜で試作。

Resize0639


建物の反対側で湘南野菜の販売もありました。
講座修了後、みなさまさっそく購入していかれました!
受講してくださった皆様、ありがとうございました。

私もお仕事が久しぶりにできて、とても楽しかったです。
少しずつ活動再開の予定です

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジュニア野菜ソムリエコース説明会と座談会

ジュニア野菜ソムリエコースの説明会講師も1年半ほど登壇させていただきました。
今日でこちらも卒業。

説明会では後半のプチ講座がついています。
いつもの3種類。
左から
ジャイアント・キャベンディッシュ→通常のです。
モンキーバナナ→小さいねっとりした食感の
モラード→赤いサツマイモのような色の

Resize0605_2


みなさん、説明会で初めて食べ比べを経験することがほとんど。

Resize0606


最後にお気に入りバナナを聞いています。

Resize0607

たいてい「キャベンディッシュ」に多く手があがりますが、私はモラードがイチオシ!
自分自身5年前に説明会に出席した頃からこの食べ比べはやってましたが、その時モラードバナナが美味しかったのをおぼえています。

思えばあの時の講師はシニア野菜ソムリエの土方さん。
その役目を私がやらせていただけるというのはとても光栄なことだなと思ってます。
初めて知った「追熟」という言葉。
8月に収穫間近のイネをみて主人に
「これな~に?」
と聞いてしまった私。
スタートはおそらく誰よりも低いレベルでした。
でもあの頃のワクワク感はすごかった。
そしてその気持ちが今も続いているからこそ、野菜ソムリエの仕事が今でも楽しいと思っています。

その後は「野菜ソムリエコース座談会」にも登壇させていただきました。
これからYコースのテストを受ける人達へアドバイスする講座です。
アテンドを長年やっているので、その経験生かせます


Resize0608

みなさま、野菜ソムリエ向かって頑張って

| | コメント (2) | トラックバック (0)

野菜ソムリエコース説明会

1年半ほどジュニア野菜ソムリエコースと野菜ソムリエコースの講座説明会で講師をやってきました。
このお仕事もそろそろ産休のため、おしまいです。

始めた頃は講師経験はあるものの、毎回40分のトーク内容をきっちり原稿にまとめていた私。
今日は最後の野菜ソムリエコース説明会。
担当の方に
「今日何分しゃべっていいですか~?」
と直前に確認。そこからメモに話の流れを書いて、自分の番を待つ。
私、成長してるかも!

話し始める前にすることは、後ろから話を聞いてくれる方々の顔をひとりづつ眺めること。
そうすると緊張が和らぎ、ワクワクしてくるのです。

まずは第一印象が大事。
これでも、昔より笑顔が多くなったと言われます。
余裕ができたのだと思います

Resize0577


Resize0578


Resize0579


説明会の後に話しかけていただけるととても嬉しかったです
その後にメールをくださる方もいらっしゃいました。

自分が説明会にいた時、どんな気持ちだったか、毎回思い出します。
今の自分を想像していなかったことは確か。
まさか自分が反対の立場になっているなんて
あの頃の私は説明会で話をした野菜ソムリエの方が輝いて見え、スゴイ人に思えて仕方なかった。
一つ一つの言葉や活動自体が、自分に出来るわけないことだと思った。でも、人一倍やりたい!と思っていたし、やろうと思っていたんだろうな~

残すところ来月のジュニア野菜ソムリエ説明会のみ。

どんな方々にお会いできるか楽しみです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

湘南ゴールドツアー2011

2010年よりスタートした野菜ソムリエコミュニティ神奈川の講師が担当している

「湘南ゴールドツアー」

今年も行ってまいりました!

去年は一日みなさまとご一緒しましたが、今年は午前中の講座を1時間とその後の朝ドレファーミでのお買い物について行きました。

まずは10時半~小田原市民会館にて

「野菜ソムリエの学ぶ旬野菜レシピ講座」

と題して講座をしました。

前半は野菜・果物の「おいしいタイミング」ということで、お話をしました。

後半は小田原特産の梅やかまぼこ、柑橘を使ったサラダを試食で食べていただきました。

Resize0479

去年ツアーに参加したリピーターの方もいらっしゃいました!

Resize0480 長津田のお料理教室のメンバーも来て下さり、朝ドレで富士山をバックに

良い天気です

去年は担当した2日間とも雨&寒さでしかたら・・・

Resize0481今年の湘南ゴールドです!

裏年で生産量は少ないですが、やっぱり大好きな果物。

向かって左が鈴木さんという生産者さんの路地モノ。

右側は廣井さんのハウスモノ。

ハウスの方が甘みが強いかなと感じましたが、少し割高です。

これから旬を迎える湘南ゴールド!

朝どれふぁーみで買えますよ

去年のツアーの模様はこちら

http://yasaichan.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-43e3.html

http://yasaichan.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-0e78.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊谷喜八シェフ×土佐ぶんたん

今日は東京マラソンで賑わっている銀座に行ってきました。

高知県のアンテナショップ「まるごと高知」の上にあるレストラン「TOSA DININGおきゃく」でのイベントへ向かうためです。

なんと本日のイベントは

熊谷喜八シェフ 土佐ぶんたんトークセッション

~土佐ぶんたんへの熱き思いを語る~

レストランのKIHACHIは大好き。学生時代から家族で行ったり、大学の教授に連れていってもらったこともあります。

デートで行ったこともあったなあ

Resize0476

ぶんたんを使った色々な加工品を試食させていただきました。

Resize0477

こちらがシェフが考案されたサラダ。

主役のぶんたんにアスパラやイチゴ、かつお、そら豆、チコリ、プチベールなど春らしい食材がふんだんです。

トークセッションでは喜八シェフのぶんたんへの熱い思いが語られました。

やはりこの思いこそが素晴らしい料理に繋がるのだと思いました。

私が昔KIHACHIで食べたお料理の中で忘れられないものが、ホタテにイチゴや柑橘(おそらく文旦たったのかなあ・・・)を合わせたマリネ。

こんな組み合わせがあるんだ~

と、感動したのを覚えています。

最高に美味しい前菜でした。

Resize0478

最後に憧れのシェフと写真を撮らせていただきました。

私が持っているKIHACHIのRecipe本

KIHACHI四季のレシピ集 (1) 春

KIHACHI四季のレシピ集 (1) 春

著者:熊谷 喜八

KIHACHI四季のレシピ集 (1) 春

ジュニア野菜ソムリエの頃だったかなあ。数年前に買ったものですが、野菜の使い方が本当に勉強になりました。

試験時の課題「ベジフルカルテ」もこれを参考にして一生懸命作ったのを覚えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パーティ料理のコーディネート(ウィズダムアカデミーにて)

目白のウィズダムアカデミーにて、パーティ料理のコーディネートをさせていただきました。

vege-funで受けた仕事です。

今日はご高齢の方々がお客様だったのですが、バーニャカウウダをお出ししたところ、みなさまよく召し上がってくださいました。

やはり、食べること=元気はつながるんだなと、感じました。

お野菜はベジリンクさんのものを使わせていただきました。

こちらがお出ししたお野菜の一部。

Resize0470

他にもサツマイモや里芋を蒸したものや、ソースバーニャカウダ以外に2種類ご用意いたしました。

Resize0469 

準備の時間があまりなかったのですが、一緒に入ったmottiのおかげでなんどか無事終了です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカデミック・ベジテーブル vol.3

今回で3回目のアカデミック・ベジテーブル

テーマは「Winter Citrus」

食材は、小田原根府川の廣井園芸さんからご協力いただきました。

今回もいつもどおり、私、野菜ソムリエ真田祥子が案内役をさせていただきました。

Resize0460

年末に高知で文旦の畑を尋ねたので、その話もおりまぜながら、ウェルカムドリンクは

文旦ジュース

こちらは高知の文旦生産者さん、西森さんが作ったものです。

西森さん訪問についてはこちらをご覧ください。

Resize0461 今日もワインの鳴海ソムリエが、お食事に合わせてワインをご紹介。

私の大好きな山梨ワインも入ってます

Resize0462

前菜:

ほたてとサーモンの花びら仕立て エキゾチックソース 根府川産はるかを添えて

ソースはパッションフルーツの味が際立ち、なんともエキゾチック

「はるか」も爽やかさをプラスしてます。

Resize0463

このお二人第1回目からの常連さん

毎回とても楽しんでくださってます。

お話もはずみます

Resize0464

京人参のスープ シトラスの香り

京人参をベースにクリームを一切使っていないスープです。

そして不思議なことに、飲み終わった後、口の中には柑橘の甘み、酸味残ります。

これがとても爽やか

なんと、廣井さんが提供くださった「紅映」という柑橘の果汁を絞ったものが入っているのです。

毎回このベジテーブルはスープに驚きです

Resize0465

メイン:さわらのオーブン焼き オレンジ風味 地場野菜キッシュを添え

写真でよく見えませんが、さわらの上に切れ込みをいれ、そこに「はるか」が挟まっています。

火が通った柑橘は甘みを増し、濃厚になります。

そして、このソースがまたすごい

野菜のブイヨン、ネーブルの果汁、クリームをそれぞれ煮詰めて合わせたソースです。

片野シェフ渾身の一品です。

Resize0466 ここで片野シェフ登場

今日の秘密のレシピ1品大公開では、クラッカーで作る簡単キッシュをご紹介。

Resize0467

デザート:イチゴと柑橘&チョコのタワー

いままでになく華やかな一皿です!

今回はパティシエがこの会の為に特別に作ってくださったのです。

廣井さんのネーブルも添えていただきました。

Resize0468

毎回私も楽しいアカデミック・ベジテーブル。

オークラ海老名フロンティアホテルの従業員の方のサービスも気持よく、

優雅でお腹も心も満たされる時間です。

それなのに!なんと、毎回お得な3500円

次回は4月を予定。

みなさまとお会いできるの、楽しみにしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀有カルチャーにて:テーマはダイコン

チームvege-funで亀有カルチャーの「野菜ソムリエと楽しく学ぼう」の講座を担当しています。

今月が私の担当です。

前半は食生活見直しのグループワーク。

野菜は1日350g

果物は200g

みなさん食べてるでしょうか??

Resize0454

後半はテーマ野菜ダイコン

食べ比べは以下6種類。

青首の上と下

青長

紅心大根

レディサラダ

紅しぐれ

黒大根

Resize0455

大根おろしの辛さ調節や一本使い切るのコツなどをお話しました。

試食は

ダイコンくずきり風

黒大根ソテー

みなさま、調理の幅を広げていただたでしょうか?

Resize0456

これからダイコンがどんどん美味しくなる季節。

楽しく料理して年末年始お過ごしください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカデミック・ベジテーブル vol.2

先月から始まったオークラフロンティアホテル海老名アカデミック・ベジテーブル、今回のテーマは大和芋です。

前回と同じように、冒頭大和芋の話を30分程してから乾杯です

みなさまと直接沢山お話したいので、野菜を持って参上。

スイスチャードを説明しています。

Resize0418

今回もメイン料理の時にシェフ登場

秘密のレシピ大公開中です!

Resize0419 今回のスペシャルゲストは大和芋生産者の原清ニさん

面白い方で、会場はいっそう賑やかになりました。

Resize0420 さて、今回のお料理のご紹介です。

1品目:やまといもとマグロの瞬間スモーク 宝石箱仕立て

Resize0421

2品目:綾瀬さんブロッコリーのスープ

こんな風に綺麗なグリーンを残すにはちょっとしたコツが入ります。 Resize0422

3品目:やまといもとホタテのムース 舌平目包み 根菜のラタティユ添え

ソースが贅沢に3種類もかかっていて、パンのおかわりが殺到していました

ホワッとした食感のムースと根菜のコリっとした食感の違いが楽しい一皿です。

Resize0423 4品目:やまといものアイスと生姜紅茶ブリュレ

今回の大和芋料理の中で一番びっくりしたのがこのアイス!

原さんも大喜びでした。

Resize0424

次回は年明け1/25(火)

「ウィンターシトラス」というテーマでお届けいたします。

2回共いらしてくださった方が多くいらして、とても嬉しく思ってます

また、他のところで私の講座を聞いた方が駆けつけてくださったりして、再会がとても嬉しいです

新しい方にお会いするのも楽しみです

みなさまにお会いできるのを、心よりお待ちしております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧